Loading

大阪と東京

2023 4 | 4:36

有給休暇を使い、久しぶりに故郷へ… のはずが?

この短編映画をシェアする

X (Twitter) でシェアする Facebook でシェアする LINE でシェアする

ストーリー

Story

大阪から上京してはや四年が経ち、主人公女性の毎日は多忙を極めていた。
いわゆるブラック企業に勤める彼女は、ある日上司から思いもよらない提案をされる。

「明日から三日、有給休暇取りなよ」
突然の嬉しい言葉に、若干気後れしながらも甘えることにした彼女は、実家のある大阪へ帰ることにした。

夜行バスに揺られること数時間……懐かしいふるさとへ帰ってきた。と思いきや、物語は少し切ないラストを迎える。


監 督  毛利つかさ
脚 本  毛利つかさ
助監督  二又悠成
撮 影  山脇蒼真
アシスタント  中楠葵 石川陸
編 集  毛利つかさ
出 演  毛利つかさ


毛利つかさ

映像作家

毛利つかさ ディレクター

兵庫県と大阪府の県境に住んでいます。「梅田が庭」と言っても過言ではないです笑
元々は編集者として専門学校に入学しました。その中で映画を作っている先輩同期をみていて私ならこうするな、的な感情が芽生えてきました。そこで私も映画を撮ってみたい…

映像作家詳細

コメントを投稿する

“コメント欄” に「作品の感想や映像作家への応援メッセージ」を、“名前欄” にはニックネーム(公開してもよい名前)を記入してください。

“メール欄”のメールアドレスが公開されることはありません。
“コメント欄”, “名前” はジーンシアター事務局承認の上、掲載されることを予めご承知おきください。

個人情報保護方針 をご一読の上、送信ください。
なお、一度掲載したコメントもジーンシアター事務局により、削除する場合があることもご承知おきください。

気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画
PAGE TOP