雨のまにまに

Loading

雨のまにまに

2020 9 | 5:47

どこにでもある、でも私には特別な。6月、雨降る帰り道



ストーリー

Story

高校3年生の夏美は、幼馴染の光一へ密かに思いを寄せている。雨がしとしと降る、6月のとある日。今日は光一の誕生日なのだ。偶然を装い出会った放課後の帰り道。
“たまたま、一緒に帰るだけ。”
雨が緑葉をしたたり落ち、傘をトントンとたたく音がする。二つ並んだ傘は、触れ合わないように心地よい距離を保ったまま。なかなか渡せずにいる誕生日プレゼントが、出番を待ちわびているようだ。どこにでもある、でも特別な時間。あなたにも覚えがあるかもしれない。淡く、青い6月の放課後。


監 督  金澤勇貴
脚 本  金澤勇貴
プロデュース 西岡空良
撮 影  西岡空良
照 明  西岡空良
録 音  内藤和幸
編 集  岡本尚樹(Ash inc)
整 音  中根渉(DIGITAL GARDEN inc)
助監督  笠原伊代
プロダクションデザイン  米山未枝
出 演  北村優衣(夏美) 山下礼(光一)
主題歌  『たゆむ』作曲・歌:くぢら(やさしい倶楽部) 作詞:ごめん


映像作家の他作品

Movie Product


金澤勇貴

映像作家

金澤勇貴 CreatorsLaboratory

日本大学芸術学部映画学科を卒業後、約 2 年間、 東京の映像制作会社に勤務。
TBS系列、テレビ朝日系列の番組 AD を勤め、 床より柔らかい場所ならどこでも寝れる技術を得る。 現在は地元埼玉の広告会社で営業をこなす。
2020年製作の短編映画『光』…

映像作家詳細

気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画ジャンルで選ぶジャンルで選ぶ短編映画ジャンルで選ぶ短編映画

雨のまにまに” に対して2件のコメントがあります。

  1. ゆー より:

    高校生の頃を思い出して、どこか懐かしい気持ちになれました。
    映像の見せ方が綺麗で好きです。

    1. ジーンシアター事務局 ジーンシアター事務局 より:

      ゆー様

      映像の見せ方、綺麗ですよね。
      女性の純で無垢な気持ちを見事に表現していますね。

コメントを投稿する

“コメント欄” に「作品の感想や映像作家への応援メッセージ」を、“名前欄” にはニックネーム(公開してもよい名前)を記入してください。

“メール欄”のメールアドレスが公開されることはありません。
“コメント欄”, “名前” はジーンシアター事務局承認の上、掲載されることを予めご承知おきください。

個人情報保護方針 をご一読の上、送信ください。
なお、一度掲載したコメントもジーンシアター事務局により、削除する場合があることもご承知おきください。