新立翔

新立翔

新立翔

経歴

1985年4月13日生まれ
高校時代に「濱マイク」「ピンポン」に衝撃を受け映像の世界へ飛び込む
大学では、大林宜彦氏の元で映像を学び、学生時代に100本の映像作品を制作する。
近年は、小説のプロモーション映像を中心に、ポルシェのプロモーション、行政の観光プロモーションなど多く手掛ける。

キャリア

小説CM監督作として
 2016年本屋大賞 大賞作品 宮下奈都 著「羊と鋼の森」(2015年)
 2019年本屋大賞 大賞作品 瀬尾まいこ 著「そして、バトンは渡された」(2018年)
 第163回 直木賞受賞作品 馳星周 著「少年と犬」(2020年)
 馳星周 著「復活祭」(2014年)
 堂場瞬一100冊プロジェクト(2015年)
 百田尚樹 著「幻庵」(2017年)
 ​額賀澪 著「風に恋う」(2018年)ほか

​2019年から現在まで「ポルシェ」×「京都」のプロモーションを監督。

上映歴・受賞歴

「シカイドウ」東京ビデオフェスティバル2008入選。
「虹の峠」古湯映画祭2009 古湯映画賞を受賞
カットノベル(著作権切れ小説の1分映像化)
 season1「滝のある村」優秀賞(2012年)
 season2「高野聖」俳優賞 (2013年)
 season4「放送された遺言」優秀賞(2014年)
2013年 角川×カットノベルにて 
 飛鳥井千砂 原作「タイニー・タイニー・ハッピー」で最優秀角川賞を受賞。

スタイル

日本映画独特の美術・演出を意識し、落ち着きのある映像演出を心がけている。
また「言葉」の演出を大切に、言葉を発する人物、背景を丁寧に描く。


この映像作家の作品

Movie Product


気分で選ぶ気分で選ぶ気分で選ぶジャンルで選ぶジャンルで選ぶジャンルで選ぶ