堀河洋平

堀河洋平

堀河洋平  スタジオウーニッシュ

経歴

熊本県出身 1978年生まれ
高校卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)へ入学。3年間映画制作のノウハウを学び、精力的に海外ロケを取り入れた自主制作映画を発表。学内で異例の上映会を行い、日活映画祭に特別招待される。
その後、子どもの頃から憧れであった香港映画界へ単身渡り、一流のクリエイターたちと親交を深め、映像表現の魅力にとりつかれる。今までに手掛けた自主映画は150本以上。近年は福祉や介護、人権を題材にしたバリアフリー映画・映像制作を中心に活動。
脳性まひのある主人公の夢を描いた『てるてる坊主と金魚姫』は、第2回新潟しゅわる映画祭(手話・字幕・副音声によるバリアフリー映画祭)にて上映され、チャリティDVDを発売。東日本大震災で被災された障がいのある人たちと、難病の子どもたちの夢を叶えるボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ」へ収益の一部を寄付している。
心のバリアフリーを表現した『上にまいります』は、第3回知多半島映画祭でグランプリを受賞。自然と人間の共生を問うファンタジー作品『千里翔べ』は、第18回長岡インディーズムービーコンペティションで奨励賞を受賞。両作品を収録したブルーレイを全国の学校に寄贈し、教材として授業で使用されている。
プライベートでは手話通訳士の母と、聴覚障がいの伯父がいる環境で育つ。映像制作と並行して、障がい者や高齢者の訪問介護を16年間行う。

キャリア

教材『2020年東京オリンピック&パラリンピック、ボランティア研修動画』
車椅子編・視覚障害編・精神障害編・聴覚障害編 (2017〜2020年)
教材『認知症サポーター研修動画』(2018年)
記録『交通機関で行う認知症SOS模擬訓練』(2019年)
教材『交通サポートマネージャー』(2019年)
教材『曹洞宗 人権学習映像』(2020年)
CM:東京都『楽しさつながる東京の道』(2021年)
他:ミュージックビデオ、PV、ライブ、舞台、ウエディング、企業紹介、介護コンテンツ、多様性・バリアフリー啓発動画、交通マナー研修・防災アプリなど多数の映像を手がける。

上映歴・受賞歴

映画『てるてる坊主と金魚姫』(2009年) 
 第2回 新潟しゅわる映画祭 入選
 デンソーグループ・ハートフルまつりにてチャリティ上映
 第2回 熊本復興支援チャリティ映画会にて上映

短編映画『上にまいります』(2012年) 
 第3回 知多半島映画祭でグランプリを受賞
 第16回 長岡インディーズムービーコンペティションで審査員特別賞を受賞
 全国の自治体で開催されるバリアフリー研修で教材として上映
 U-NEXT配信あり

短編映画『千里翔べ』(2016年) 
 第18回 長岡インディーズムービーコンペティションで奨励賞を受
 福岡インディペンデント映画祭2016 入選
 小坂本町一丁目映画祭 Vol.14 入選

リモート映画『ふるさと Stay home town』(2020年)
 東京シネマサロンのWEBで公開
 熊本でチャリティ野外上映
 真夏の短編映画上映会 @エムズ・カンティーナ

新作短編映画『地球の声』(2021年)
 秋の短編映画上映会 @エムズ・カンティーナ
※現在、国内外の映画祭に応募中


スタイル

障がいがあってもなくても、誰でも映画を楽しめるようバリアフリー仕様で制作しています。
目の見えない人向けに音声ガイドを、耳の聴こえない人向けに字幕をつけています。
撮影現場には、障がいのある人、難病の人、LGBTQの方々もスタッフとして参加し、多様なアイデアの中で創作を行う。


この映像作家の作品

Movie Product


気分で選ぶ気分で選ぶ気分で選ぶジャンルで選ぶジャンルで選ぶジャンルで選ぶ