角洋介

角洋介

角洋介

経歴

1993年生まれ、福岡県北九州市出身。九州大学芸術工学部画像設計学科卒。
大学時代から積極的に自主制作映画に携わる。Los Angelsに1年間の留学、Cinematographyについて学んだのち帰国。現在は東京を拠点に主に撮影監督として活動している。
2019年夏に命に関わる心臓の病気が発覚。手術・入院を経て、その経験をもとに短編映画「レミングたち」を制作。以降、監督としても作品制作を積極的に行なっている。

キャリア

2016 九州大学 芸術工学部 画像設計学科 卒
2018 Los Angeles City College Cinematography Certificate
2018年よりフリーランスの撮影部として東京を拠点に活動開始
2020年ごろから監督・撮影監督問わず制作を行なっている。

撮影作品:
●長編映画「世界は僕らに気づかない」飯塚花笑監督 2022年冬劇場公開予定

大阪アジアン映画祭2022 来るべき才能賞 受賞

●中編映画「ふたり~あなたという光~」佐藤陽子監督

神戸インディペンデント映画祭2021 グランプリ
あいち国際女性映画祭2021 観客賞

●短編映画「徒然甘々」大門嵩・祁答院雄貴監督

ショートショートフィルムフェスティバル&ASIA 2021 HAPPY HOPPY 賞


●短編映画「腰の痛さを知る人よ」高島優毅監督

 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2021 招待作品

●MV「水のOFF - ノウルシ」重浩介監督

など

監督作品:

●ホーユー ヘアカラーミュージアム プロローグシアター

●MV「むげんの夏」-常盤ゆう

●MV「Everything ~どれでもない、そのすべて~」-大和田慧、

●MV「叫び」-AMENIMANI2

●MV「Hoshi no Uta feat.yuusari」-ioni など

上映歴・受賞歴

●短編映画「たまには船にでも乗ろうか」(脚本・監督・撮影・編集)

マイクロシネマコンテスト2022 審査員特別賞

●短編映画「露光時間」(脚本・監督・撮影・編集)

国際和解映画祭 国際和解学研究所賞
第27回函館港イルミナシオン映画祭 入選
ダマー国際映画祭 Official Selection & Jury Selection

●短編映画「レミングたち」(脚本・監督・撮影・編集)

神戸インディペンデント映画祭2020 準グランプリ
Asian Cinematography AWARDS 2020 JUNE :  BEST SHORT FILM 他三部門受賞

●短編映像「BECAUSE IT’S THERE」(企画・監督・撮影・編集)

キミハルシネマコンテスト2020 グランプリ

スタイル

撮影監督をベースとして培ってきた目線をもとに、撮影対象やその場所の空気感と丁寧に向き合うことを心がけ、映像ならではの表現を大切にしています。


この映像作家の作品

Movie Product


気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画ジャンルで選ぶジャンルで選ぶ短編映画ジャンルで選ぶ短編映画