柴田マンガラ大悟

柴田マンガラ大悟

経歴

2019年に城西国際大学 映像制作学科 卒業
卒業後、フリーランスとして助監督と制作部で活動していました。
今は自主制作で短編映画を撮影し映画祭に出品、YouTubeに載せたりしています。
2022年5月に撮影した「残花」はThe TOKYO 48 Hour Film Project 2022で
『アンサンブル演技賞』を受賞しました。

キャリア

【助監督、制作部】
2017年
 8月〜9月中旬HKT48短編映画(池田千尋、籔下雷太、吉田光希、片岡翔、上條大輔、川村泰)
 9月〜11月下旬 「マスカレードホテル」(監督:鈴木雅之)
2018年 
 3月    「SK2 CM 松岡茉優」
 6月〜9月 「ダンス ウィズ ミー」(監督:矢口靖司)
2019年
 5月6日〜7月   大阪テレビ 真夜中ドラマ「まどろみバーメイド」(監督:池田千尋 古川 豪)
2020年 
 7月1日〜7月20日「2人の恋、交換してみた 」(監督:高橋賢成)
2021年 
 3月15日〜3月26日 「マジでキスする5秒前が見えちゃう件」(監督:高橋賢成)
2022年 
 4月18日〜4月30日 「Revolution Love」(監督:高橋賢成)

【監督】
2018年 有志団体 Film Alta「ヒーローショー」   
2019年 JIU 5期生 卒業制作 短編映画 「さらば、愛おしき日々よ」   
2022年 SMD film 「残花」


上映歴・受賞歴

The TOKYO 48 Hour Film Project 2022 『アンサンブル演技賞』受賞

スタイル

自分が感じたことや誰かが感じたことなど身の回りで起きていることで自分なりに想像し映像として形に残せる作品作りを心がけています。
作品を見てくださった方が少しでも何かを感じてくださればと思います。


この映像作家の作品


Director's Movies

気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画
PAGE TOP