髙橋栄一

髙橋栄一  スタジオモノロン

経歴

岐阜県出身 1990.03.23 生 建築、ファッションを勉強したのち映画の世界へ。 塚本晋也監督に師事し、同監督作品「葉桜と魔笛」「KOTOKO」に演出部として参加。
以後ショートフィルムやMV、広告、イベント撮影などの制作を手掛ける。

キャリア

映画の助監督を経て、2017年にフリーの映像ディレクターとして活動開始。

上映歴・受賞歴

・「華やぎの時間」(2016 年 )
京都国際映画祭 2016 C ・ F 部門 入選
SSFF & ASIA 2017 ジャパン部門 入選 ベストアクトレス賞 受賞

・「眼鏡と空き巣」(2019 年)
SeishoCinemaFes 4th 入選
第七回立川名画座通り映画祭 入選

・「MARIANDHI」 (2020 年 )
うえだ城下町映画祭 第 18 回自主制作映画コンテスト 入選

・「さらりどろり」 (2020 年 )
SSFF & ASIA 2021 ネオ・ジャパン部門 入選

・「鋭いプロポーズ」
福井駅前短編映画祭2021 優秀賞受賞

・「言ってくれよ」(2022年)
つんく♂総監修中2映画プロジェクト作品にて監督を務める

スタイル

当たり前をうたがい、コアな感情を大切にして作品を作ること心がけています。


この映像作家の作品


Director's Movies

気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 気分で選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画 ジャンルで選ぶ短編映画
PAGE TOP