なみだのラブレター ~ブンタとお風呂場で~

Loading

なみだのラブレター ~ブンタとお風呂場で~

2021 1 | 5:00

朗読“なみだのラブレター”愛猫へどうしても伝えたいこと



ストーリー

Story

ケーブルTV番組“なみだのラブレター”に寄せられた手紙。それは愛する人への感謝の想いが込められている。『子供のいない40代夫婦のもとへやってきたオス猫ブンタ。知人から譲り受けられたブンタは、怖がりでいたずらが大好き。猫嫌いだった夫ですらぞっこんで、家族3人幸せだった。しかしある日、夫が肝臓の病気をわずらい…』
これは愛猫ブンタに対する、夫婦の想い。温かく優しい涙が溢れる、ラブレター朗読作品。


監 督  北沢 優
脚 本  北沢 優
撮 影  株式会社おもちゃあ
照 明  株式会社おもちゃあ
出 演  橋本昌人(ラブレター研究家) 鐘ヶ江まりの

ラブレター研究家 橋本昌人(はしもと・まさと)
放送作家 <(社)日本放送作家協会、(協)日本脚本家連盟 >
株式会社ブック・ブリッジ 代表取締役社長。日本笑い学会 理事
昭和40年3月21日生まれ 大阪府寝屋川市出身 大阪芸術大学 芸術学部 放送学科卒業
放送作家として数々の企画、番組、イベント、CMなどとマルチに関わる。吉本興業の芸人オーディション審査員の仕事を通じて多数の芸人を輩出。放送作家事務所と企画・制作会社の機能を併せ持つ(株)ブック・ブリッジの代表として、様々な企業や大学や病院において人間力を養成する、笑いの理論を駆使したセミナー「お笑い研修プログラム」も展開。吉本興業の芸人養成学校「NSC」や制作者養成学校である「YCC」の特別講師を務める。“笑い”を学術的にも研究する全国団体「日本笑い学会」理事。
子供から親へ、飼い主からペットへ‥など、様々な愛が詰まった心からの手紙を“ラブレター”と表現して収集し、自らも取材して代筆的な執筆もするというラブレター研究家として、「心おきなく泣くためのラブレター朗読トークライブ」を以前から各地で主催。それがキッカケとなり、“涙活”と近年では呼ばれる、笑いとは表裏一体である“涙”の効用を説いた感動の講演や、“涙”を流すことにより他人の心に寄り添える人間力を培うコミュニケーション研修など、“涙活・講師”としても日本中を飛び回っている。その合間を縫って、刑務所や児童福祉施設への慰問講演を行なう。収集した、心動かされる感謝の手紙44編を収録した『なみだのラブレター ~あの人に、あの子に、ありがとう~』をヨシモトブックスから出版し「“笑い”の吉本興業が“涙”の本をプロデュースした!」としても話題に。また、“笑い”の専門家が行なう、笑顔のための“涙活”講師としての活動が様々なメディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など)に取り上げられており、最近ではNHKテレビの『ニューステラス関西』、『おはよう日本』そしてNHK国際報道局により世界150ヵ国に向け、英語吹替え版で『NHKWORLD NEWS』にて放送された。平成29年11月3日、『東久邇宮文化褒賞』受章。


映像作家の他作品

Movie Product


株式会社ベイ・コミュニケーショズ

映像作家

株式会社ベイ・コミュニケーショズ

兵庫県尼崎市・西宮市・伊丹市・大阪市西部をサービスエリアとする、約90万世帯の地域をカバーする阪急阪神東宝グループのケーブルテレビ局です。多チャンネルサービスはじめ、ケーブルインターネット、無線サービスやケーブルプラス電話、 ベイコムでんきな…

映像作家詳細

気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画気分で選ぶ短編映画ジャンルで選ぶジャンルで選ぶ短編映画ジャンルで選ぶ短編映画

コメントを投稿する

“コメント欄” に「作品の感想や映像作家への応援メッセージ」を、“名前欄” にはニックネーム(公開してもよい名前)を記入してください。

“メール欄”のメールアドレスが公開されることはありません。
“コメント欄”, “名前” はジーンシアター事務局承認の上、掲載されることを予めご承知おきください。

個人情報保護方針 をご一読の上、送信ください。
なお、一度掲載したコメントもジーンシアター事務局により、削除する場合があることもご承知おきください。